2011/08/15

Phuket Dive Cruise - 2日目

昨日は大分遅くの就寝だったので、ちょっと余裕を見て、9時に起床。
朝食はビュッフェスタイルです。



ホテルのレストランはこんな感じ

ご飯を食べたらすぐ乗船と行けばよいのですが、クルーズの都合上、乗船は本日の夕方です。
しかし、12時にはチェックアウトしなければならないので、11時にチェックアウトしてしまい、荷物だけ預けてプーケットの街を散策することにしました。



ホテルからプーケットの街まではTuk Tukで10分ほど

懐かしい感じのFamily Mart が沢山あります

プーケットのビーチ
パラセーリングが楽しそう

大通り

こんな路地裏も面白いです

雑貨屋さん

小一時間も歩き回っていると、お腹がすいてきたので、大通り沿いのタイ料理屋で昼食をとりました。 なんか飯食ってばっかり(笑)

その後、「せっかくタイに来たのだからマッサージでしょ」ってことで、マッサージ屋さんへ。
街のいたるところにマッサージ屋さんがあるので、とりあえず、外から見て綺麗そうなところにエイヤで入ってみることにしました。

マッサージ屋さん

1時間400バーツ。
外見だけでなく、中も結構綺麗でした。 時間の都合で1時間しか出来ませんでしたが、全身やるなら2時間欲しいかも。

4:15 ホテルに戻って、ピックアップを待つこと15分
元気なSea Forestの皆さんが迎えに来てくれました。

本日、出航する港が急遽変更になり、移動すること1時間。Asia Marina Boat Harbor に到着し、ついにクルーズ船に乗船です。


より大きな地図で Phuket - Dive Cruise を表示


我々が乗船する船は、ダイブクルーズ船フェニックス号です。


さて、我らがフェニックス号は、他の船の奥に停泊中でした。
手前の船は、現在改修中で中は結構すごい様相です。
そのため、ゴムボートを使って外側から回りこんで乗船します。


フェニックス号は奥の奥に停泊中

ゴムボートで乗船

ダイビングの申込書を書いた後、機材をセッティングします。
フェニックス号には、タンクに対して空気を再充填する装置がついているので、滞在中タンクからBCDを外すことはありません。
最初のタンク選びは慎重に。。。ってOリングくらいしかチェックするとこないですけどね。。。

各自、部屋に荷物を片付けたあとは特にすることがありません。キャビンでくつろぎつつ、夕食の時間を待ちます。
ちなみに、水とコーラはタダ。コーヒー、紅茶、パンと軽いお菓子も無料でいつでも食べられます。
ビールは1本60バーツでした。

クルーズ生活についてはまた別途書きたいと思います。
(追記: Phuket Dive Cruise - クルーズ船

夕食をとって、軽く宴会をしたら、本日は終了。
明日に向けて早めの就寝です。

さあ、明日からやっとダイビング!!


0 件のコメント: